トップページ > 農村交流

農村交流

冬の間は豪雪に閉ざされていますが、春から夏にかけて花が咲き、風がそよぎ、最高の季節です。

私たちは土作りを重視しながら資源循環型の農業生産を行っています。

ここでできた農産物を販売することで収益を得ていますが、単に商品の売買だけに留まらず本当に顔の見える関係を築きながら、生産物を購入頂きたいと思っております。最近はスーパーなどでも、売り場に生産者の顔写真が掲示してあったり、「顔の見える関係」が演出されていますが、本来の意味は生産者と消費者が交流しながら信頼関係で結ばれることだと考えています。

その信頼関係を作るきっかけとなるメニューを準備していますので、是非南雲原を訪れてみてください。南雲原の自然を満喫しながら、さまざまな体験をしていただき、そして生産者との交流を深めていただければと思います。


 
農業・農村体験
平成23年5月28日~29日(予定)
なお、参加希望の方は、まずはお問い合わせください。
詳細はこちら(PDF)

野菜収穫体験
平成23年7月18日~8月31日まで
結いの里で作付けしている作物はさまざまあります。
詳細はこちら(PDF)

稲刈り・収穫体験
魚沼こしひかりを作付けしています。平成23年10月頃収穫予定です。
参加希望の方は、お問い合わせください。

伝統料理教室
私たち結いの里では、雪国十日町から生まれた伝統料理を、研究し、多くの人に伝える食育として、また各家庭の食卓の一品に添えていただきたいとの思いから教室を開講しました。それは、雪国の大地が育んだいと新鮮な食材を多くの家庭で使っていただくことによって、地域農業の活性化に繋がるものと思います。
レシピ集はこちら

ふれ愛体験農園
結いの里で畑を持ちませんか?
10,000円/区画です。管理は結いの里でも承ります。

キャンプ場
結いの里では、10万平方メートルの広大な敷地内の一角に1千平方メートルのキャンプ場を整備し、皆様方をお待ちしております。
ツリーハウス・自然アスレチック・テント村・オートキャンプ・ファイヤーストームなど、団体・家族・個人で楽しめるスペースをご用意。
キャンプ場の周りには、四季の野菜などをキャンプの食材に利用していただくことができます。また、日本には数少ないミニチュアホース来場者とのふれ愛を待っています。